スマホの大切なデータをバックアップ

スマホの大事なデータを守ろう

故障や紛失、水没など万が一の事体に備えて、大事なデータを定期的にバックアップしておくことは大切です。スマホのデータを保存しておけば、機種変更や不測の事態が起きたときでも簡単に復元できます。いざという時に備えて、データを保存していれば安心です。


Androidバックアップ方法

Android OSには標準のバックアップ機能と、バックアップアプリを用いる2つの方法があります。

1. OS標準のバックアップ機能を使う

・Googleアカウントに紐付けされたデータのみ保存可能です。バックアップされるデータは、アプリやWi-Fiパスワード、ブックマークや各種設定など、Googleアカウントと同期されているデータだけなので注意しましょう。

バックアップの設定は、「設定」アプリをクリックします。リストから「バックアップとリセット」の項目を選択。次の画面で「データのバックアップ」を選択するだけで、簡単にセットアップが完了します。あとは、自動的にバックアップが開始されます。復元の際は、同じGoogleアカウントでログインするだけで完了します。

「設定」アプリ→「バックアップとリセット」

「データのバックアップ」をタップ

自動でバックアップが開始

2. 専用アプリを使ってバックアップ

iPhoneバックアップ方法

1. iCloudでデータをバックアップする

iCloudは、無料で5GBまで利用できます。

iCloudのサービス利用にはApple IDと初期設定が必要です。iCloudへバックアップする際は、Wi-Fi接続での通信が必要です。

ホーム画面の「設定」からiCloud へサインインし、「バックアップ」を選択します。「iCloud バックアップ」をオンにします。「今すぐバックアップを作成」を押します。バックアップの時間が表示されたら完了です。バックアップしたデータを復元する際も、Wi-Fiに接続できる環境にて行います。

2. 専用アプリを使ってバックアップ

バックアップアプリ

JSバックアップ

iPhone、Androidスマホに対応

標準アプリデータ、アプリ、画像、音楽、動画、文書ファイルのバックアップ、リカバリができます。バックアップデータの保存先として、SDカードに加え Dropbox、SugarSync、GoogleDrive、データ保管BOX(ドコモ)、かんたんデータ移行(オリジナルサーバ)といったクラウドストレージに対応しています。

かんたんデータ移行
・スマートフォンの機種変更をするとき、連絡先やカレンダーなどの大切なデータをとても簡単な操作で移動させることができます。

クラウドストレージ対応
・データ保管BOX(docomo)、Dropbox、SugarSync、GoogleDrive など多彩なクラウドストレージに対応。

Android:SDカード/データ保管BOX(ドコモ)/Dropbox/Google Drive/Sugarsync
iPhone:Dropbox/Google Drive

AndroidからiPhoneへデータ移行をする際は、データ保管BOX/Dropbox/Google Driveを利用ください。

メディアデータを含むデータのバックアップ・復元は、通信量が大きくなりますのでWiFi接続を推奨します。

JSバックアップ 操作手順

Apple Store
Google Play

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする