RSSリーダーアプリを使ってお気に入りブログやニュースなどの情報収集をしよう

サイトの更新をチェックできるRSSリーダーアプリ

ニュースサイトやブログの多くはRSSと呼ばれる技術を利用して更新情報を配信しています。RSSリーダーアプリは、更新情報を受信し、新着記事をユーザーに通知するアプリ。通知をタップすると、ブラウザが起動して記事が表示されます。RSSリーダーにはカテゴリごとに整理のできるものや、ニュースをホーム画面で直接チェックできるもの、電波の届かない場所でも閲覧できるものなどそれぞれ特長があるので、自分の使い方に合ったアプリを選択しましょう。


RSSとは、サイトの情報を配信するための規格のひとつで、RSSを配信することにより、ユーザー側の情報取得や整理が容易になります。RSSを取得して見やすく表示するにはRSSリーダーを使うことになります。RSSフィードを登録しておくと、ニュースサイトやブログの新着情報を一度にチェックすることができてとても便利です。

RSSの代表的なバージョンとフォーマット

RSS 1.0/ RDF, RSS 2.0, XML, Atom

RSSリーダーアプリ

Inoreader

日本語対応のRSS&ニュースリーダー

Inoreader は、時間を効率的に使いたいユーザー向けに開発されたコンテンツリーダーです。コンテンツリーダーを利用する事で、常に最新の情報を知る事ができます。自分で複数のサイトを調べなくても、知りたいコンテンツを直接入手する事が可能です。

Googleアカウント、Facebookアカウントのいずれかを使って利用できます。

Apple Store
Google Play

Feedly

定番のRSSリーダー

Feedlyは、お気に入りのサイトやポッドキャスト、YouTubeのチャンネルを整理し、新たな更新情報を受け取ることができます。任意のRSSフィードを追加し、簡単にお好みのコンテンツを外出先で読むことができます。

Googleアカウント、Facebookアカウントのいずれかを使って利用できます。

Apple Store
Google Play

gReader

オフライン購読もできるRSSリーダー

gReaderは、簡単で高速かつ直感的な RSSリーダーです。お気に入りのサイトをオフラインでも購読可能です。

Google Play

Palabre

パーソナライズされたRSSリーダー

Palabreは、最高のユーザーエクスペリエンスとして絶賛されたニュースアプリです。ニュースウィジェットからの記事を抽出し、オフラインでの購読機能を備えています。

Google Play

カスタマイズできるRSSリーダーサービス

Feed Watcher

自分だけのRSSフィードリーダー型ポータルサイト

Feed Watcherは、面倒な利用登録や個人情報の取得も一切なし。My Yahoo!やiGoogleの正統進化系となる、スマホにも対応した無料のRSSフィードリーダー型ポータルサイトです。

Feed Watcher

Feed Watcherの特徴

情報を1つの画面に集約
・毎日チェックしている多数のサイトの情報を1つの画面に集めましょう。効率的な時間の使い方を体験してみてください。

PCでもスマホでも閲覧可能
・PCからは、画面いっぱいに集約された情報を一目で確認できる表示に、スマホからは、列ごとに情報領域が移動する、操作性とのバランスがとられた表示に自動的に最適化されます。

豊富なウィジェット
・RSSリーダーにとどまらず、オンラインストレージやサーバー同期型オンラインメモ、天気予報、オンラインブックマーク、路線探索など、便利ツールが集約されてます。

登録不要
・SNSアカウントでのログインを行うだけで、全ての機能を利用できます。Facebook、Twitter、Googleアカウントでログインできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする