WordPressでブログを始めてみよう

初めてのWordPress

WordPress(ワードプレス)は、オープンソースのブログソフトウェアです。個人のブログから企業サイトにまで幅広く利用されています。これから本格的にブログを始めようと思っている方は、WordPressを使って魅力的なサイトを作成してみましょう。



WordPressは、世界中で人気の高いブログソフトウェアであることに間違いありません。WordPressを使うことで、様々なメリットがあるのもわかります。実際に、「WordPress」で検索してみても、WordPress関連の記事は言語を問わず多数見つかります。そして、その記述のほとんどが、インストール方法やカスタマイズ方法、プラグインの使い方などです。人気だからこそ、検索に数多くヒットするのではなく、設定やカスタマイズなどは、初心者にとっては難しいためだと考えられます。

最近では、無料のブログサービスも充実しており、ブログを作成して記事を書くだけなら誰でも簡単にできる時代です。独自ドメインを取得し、レンタルサーバーを借りるなどコストや手間もかかりますが、それだけの利用価値と魅力があるのがWordPressなのでしょう。

無料ブログサービスからの移行、本格的にブログ運営したい方、これからWordPressを始めてみたい方に分かりやすくWordPressを解説したいと思います。

WordPressの主な特徴

カスタマイズも自由自在

WordPressは、PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用しています。PHPとHTMLを理解していれば容易にテンプレートをカスタマイズできます。無料テンプレートも配布されています。

無料で使えるオープンソース

個人での利用・商用利用を問わず、WordPressは無料で使うことができます。

豊富なプラグイン

拡張機能であるプラグインを使えば、サイトにさまざまな機能を追加することができます。

日本語対応

WordPressはマルチバイト文字に対応しており、文字エンコーディングをUTF-8に設定することで日本語が利用できます。WordPress日本語版が日本語版サイトでリリースされています。

動作環境

・PHP バージョン 5.2.4 以上(PHP 7.0 以上を推奨)
・MySQL バージョン 5.0 以上(MySQL 5.6 以上、またはMariaDB 10.0以上を推奨)

WordPress.comでブログを作成

https://ja.wordpress.com/

WordPress.com を使うと、Web サイトやブログを簡単に作成できます。カスタマイズ可能な何百ものモバイル対応デザインやテーマをすべて無料で利用できます。

WordPress.com は、無料のブログサービスです。メールアドレスさえあればすぐにサービスを利用できるので、WordPressを使ってみたい方には、オススメです。テーマのカスタマイズやプラグイン機能もインストール版WordPressと同様に利用可能です。

WordPress.comは、独自ドメインやサーバーを準備する必要なく、無料ブログを作成できます。

無料プランで作成したブログのアドレスは、「XXXXXX.wordpress.com」となります。

「XXXXXX」は、登録時に取得したアドレスです。

一部プラグインには、WordPress.comのAPIキーが必要なため、APIキー取得のためにWordPress.comに登録されているブロガーさんも多いと思われます。

WordPress 日本語版

https://ja.wordpress.org/

最新版のWordPressを配布しています。WordPressファイルをダウンロードし、サーバーにインストールして使います。

自動インストーラーでWordPressをインストール

サーバーをレンタル

国内・海外には、無数のレンタルサーバー会社が存在します。無料でレンタルできるサーバーもありますので、Wordpressのインストール方法や設定方法などを確かめたい方は、まずは無料レンタルサーバーから始めてみましょう。無料レンタルサーバーですと、独自ドメインの準備も必要ありません。

無料レンタルサーバーを使いつつスペックや制限を比較して有料サーバーを契約してください。

独自ドメイン

独自ドメインとは、ネット上の住所の役割をします。年間1,000円程から取得でき、自分専用のアドレスを持つことができます。コストはかかりますが、メリットも多いので取得してみてください。

当サイトですと「jpnpay.com」が独自ドメインとなります。

サブドメイン

独自ドメインを取得すると、好きなサブドメインを作成できます。独自ドメインの前に任意の文字列を追加したアドレスがサブドメインとなります。1つの独自ドメインで複数サイトを運営できます。

サブドメイン「aaa.jpnpay.com」「bbb.jpnpay.com」

ディレクトリ型

ドメイン直下にフォルダを作成し、そのフォルダ内にWordpressをインストールしたりプログラムを配置したりできます。「wp」「blog」フォルダを作成した場合は以下のようなアドレスとなります。

「jpnpay.com/wp」「jpnpay.com/blog」

共用サーバー契約時に付与されたコントロールパネルから、サブドメインを登録しWordPressをインストールしてみます。

サブドメインの作成は、ドメイン管理会社のアカウントから済ませておきます。レンタルサーバーのIPアドレスに向けてDNSレコードの編集をしておきます。

サブドメインの登録

Create a Subdomain

WordPressを自動インストール

自動インストール機能を用意しているレンタルサーバーでは、簡単な入力と操作だけでWordPressを使い始めることができます。

インストールしたいソフトウェアを選択します。

自動インストーラー画面

Software Setup(ソフトウェアのセットアップ)

インストールしたいドメイン(サブドメイン)、インストールする場所を決定します。

Choose Protocol(プロトコルを選択)
If your site has SSL, then please choose the HTTPS protocol.
・サイトにSSLがある場合は、HTTPSプロトコルを選択してください。

Choose Domain(ドメインを選択)
Please choose the domain to install the software.
・ソフトウェアをインストールするドメインを選択してください。

In Directory(ディレクトリ内)
The directory is relative to your domain and should not exist. e.g. To install at http://mydomain/dir/ just type dir. To install only in http://mydomain/ leave this empty.
・ディレクトリはあなたのドメインに関連しています。 例えば http:// mydomain / dir /にインストールするには、dirと入力します。 http:// mydomainにのみインストールするには空のままにしておきます。

インストール後の公開URL

空白:http:// mydomain
wpと入力:http:// mydomain/wp

サイト・アカウントのセッティング

サイト名、サイトの説明、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力します。Wordpressインストール後に登録したメールアドレスへサーバー情報が記載されたメールが届きますが、パスワードはセキュリティの関係で伏せ字になっています。パスワードはメモしておきましょう。

Advanced Options(高度なオプション)

任意のデータベース名、テーブル接頭辞をつけたり、自動更新の設定が行なえます。セキュリティの面でWordpressやプラグインを最新の状態に保つことは重要ですが、最新版リリース直後はバグや予期せぬトラブルが発生することもあります。Wordpress本体、プラグイン、テーマの更新はバックアップを取得してから手動で行うほうが安全です。

Database Name(データベース名)
Type the name of the database to be created for the installation
・インストール用に作成するデータベース名を入力します。

Table Prefix(テーブル接頭辞)

Disable Update Notifications(更新通知を無効にする)

Auto Upgrade(自動アップグレード)

Auto Upgrade WordPress Plugins(WordPressプラグインの自動アップグレード)

Auto Upgrade WordPress Themes(WordPressテーマの自動アップグレード)

全ての入力と設定を確認後、「Install」をクリックします。

インストールが完了するとアドレスが表示されるので、アクセスして確認してください。

このように簡単な入力と操作でインストールできます。

WordPressを削除

WordPressの削除も簡単ですぐに作り直すことができます。

削除したいサイトを選択します。

Removing WordPress(WordPressの削除)

必要に応じてチェックボックスをオンにします。

Remove Directory(ディレクトリを削除する)
If you check this the entire folder will be deleted
・これをチェックすると、フォルダ全体が削除されます。

Remove Database(データベースの削除)
If checked the database will be deleted
・オンにすると、データベースが削除されます。

Remove Database User(データベースユーザーを削除する)
If checked the database user will also be deleted
・チェックすると、データベースユーザーも削除されます。

「Remove Installation」をクリックすると削除完了です。

CloudFlare導入

Cloudflareは、グローバルなCDNおよびWeb最適化機能により、ウェブサイトのパフォーマンスを飛躍的に向上させます。Webサーバーのレスポンスを改善する無料のCDNサービスです。

Cloudflare

1. CloudFlareのアカウント作成
・メールアドレスだけでアカウント取得できます。

2. CloudFlareにサイトを登録
・スキャンが始まるので終わるまで待ちます。

3. CloudFlareのDNS設定
・CloudFlareのDNSにレコード(IPアドレス)を登録します。サブドメインは手動で登録します。
・クラウドのアイコンで有効・無効を選択します。灰色:無効、オレンジ色:有効

4. プランは無料のFree Websiteを選択
・いくつかの制限がありますが、無料で利用できます。

5. ネームサーバーの変更
・CloudFlareから割り当てられた2つのネームサーバーをドメイン管理会社のアカウントにログインして変更します。

サイトを運営していけば記事数や画像なども増えてパフォーマンスが低下していきます。プラグインを使うことで改善できますが、プラグインを使うとCPUやメモリーに負荷がかかります。外部サービスを使うことでプラグインなしで表示の高速化も可能です。サイト作成時に導入しておけば、サイトの規模が拡大したとしても快適に運営できます。

WordPressの表示が遅いと感じたら導入してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする