「Adguard」 iOS、Androidに対応の広告ブロックアプリ

広告を消して通信量を削減しスマホの動作もサクサク快適

Adguardは、広告、オンライントラッキング、フィッシングウェブサイトを削除する最良のアプリでWebサーフィンをより速く、より安全で快適にします。アプリやウェブサイトからの広告削除を支援するアプリです。無料版はブラウザのみで広告をブロックでき、有料版なら全てのアプリで広告が非表示になります。



広告ブロックアプリ

Adguard

最も高度なWebフィルタ!

iPhone、Android、Windowsユーザ向けの広告を削除できる無料アプリ。root化することなくブラウザもアプリも広告をブロックできます。

Adguardのインストール

Adguard公式サイトまたはAmazonアプリストアからダウンロード

Google Playストアでは広告ブロックアプリは排除されているためダウンロードできません。iOS版はApple Storeよりインストールできます。

Adguard公式サイト
Adguard

Amazonのアプリストア
Amazon.co.jp: Adguard

「Download and Install」をタップし、「adguard.apk」ファイルをダウンロード

ファイルからapkファイルを起動してインストール

「インストールはブロックされました」というポップアップが表示された場合は「設定」をタップして「提供元不明のアプリ」を許可してから、再度インストールを試してみてください。

Adguardの設定

Adguardを起動し、右上から「Settings」を選択

「User Filter」を選択

「IMPORT」を選択

以下のURLをコピペ(コピー&ペースト)する

フィルター用のURLを入力してOKをタップ

http://tofukko.r.ribbon.to/Adblock_Plus_list.txt

他フィルタ

以下のフィルタも追加しておくと更に安心

https://raw.githubusercontent.com/k2jp/abp-japanese-filters/master/abpjf.txt
https://raw.githubusercontent.com/k2jp/abp-japanese-filters/master/abpjf_element_hiding.txt
https://70i.net/files/70i_net_adblock.txt
https://easylist-downloads.adblockplus.org/fanboy-social.txt

「Settings」から「Advance」を選択、「Filter DNS requests」にチェックを入れる

「Settings」から「HTPPS Filtering」を選択、「Install certificate」にチェック入れる

メイン画面の電源マークをタップして設定完了

設定完了後は、念のため再起動する。

注意:広告を非表示にするとサイトによっては不具合が生じます。広告ブロックアプリをオフにしてからアクセスしてください。電源マークをタップすればオン/オフできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする