はじめてのAndroidスマートフォン操作マニュアル

初心者のためのAndroidスマホ入門

Android(アンドロイド)は、Googleが開発したアンドロイドという基本ソフトを搭載したスマートフォンです。Androidは、無償で利用できるため世界の多くのメーカーが参入しており、デザインや性能などから自分に合ったものを選べます。


スマートフォンの基本操作

電源のオン・オフ

電源の入れ方

まず、電源ボタンの位置を確認してみましょう。端末によって電源ボタンの位置は異なります。電源を入れるには、電源ボタンを長押しします。Androidや端末メーカーのロゴなどが表示され、しばらく待つとスマホのホーム画面が起動します。

電源の切り方

電源を切るときも、電源ボタンを長押しします。すると、メニューが表示されるので「電源を切る」や「Power Off」をタップします。

スマホの画面を表示する

スマートフォンは普段、電源を入れたまま使いますが、一定時間、何も操作しないと画面の表示がオフになり、「スリープ」と呼ばれる状態になります。電源キーを押すと、スリープが解除され、ロックを解除すると、操作ができる状態になります。

ロックを解除する

指先で画面に触れ外側や上側にスワイプすることで、ロックを解除することができます。最近では、指紋認証でロックを解除できる機種もあります。電源ボタンを短く1回押すと「ロック」されスリープ状態となります。

タッチパネルの操作を覚えよう

Androidスマートフォンのディスプレイは、指先で直接触れて操作できるタッチパネルを採用しています。タッチパネルの操作には、触れ方や指先の動かし方の違いなどにより、いくつかの種類があります。

タップ:画面を指先で1回叩く

ダブルタップ:画面を指先で2回叩く

ロングタップ、長押し:画面を指先で長く押す

ドラッグ:画面に触れたままま、指を目的の場所まで移動する

フリック:画面に触れたまま、一定の方向に向かってその指先を素早く払う

スワイプ:画面に触れたまま、一定方向へその指先をスライドさせる

ピンチ:2本の指(親指と人差し指)でつまむように操作すること

ピンチイン:画面に2本の指を乗せ指の間隔を狭める

ピンチアウト:2本の指の間を広げるように動かす

マルチタップ:同時に2本以上の指で操作すること

シェイク:スマートフォン本体を左右に小刻みに振る

Androidの物理ボタン

Androidスマートフオンには操作の基本となる3つのボタンが備えられています。戻るボタン、ホームボタン、履歴ボタンとありますが機種によってボタンの位置は異なります。

各ボタンの主なアクション

「ホームボタン」
・ホーム画面を表示します。ホームボタンはどのスマホも中央に位置しています。

「戻るボタン」
・ひとつ前の画面に戻ったり、アプリを終了したりできます。

「履歴ボタン」
・最近利用したアプリの履歴が表示されます。

ホームボタン長押しでアプリの履歴を表示したり、履歴ボタン長押しでウィジェットや設定を表示したりと端末やOSのバージョンによってアクションは異なります。

ホーム画面

スマートフォンが起動すると、アプリアイコンやウィジェットと呼ばれる絵が並んだホーム画面が表示されます。ホーム画面は操作の起点になる画面で、アイコンをタップしてアプリを起動したり、さまざまな操作をします。

アプリの起動と終了

アプリの起動は、アプリアイコンをタップします。アプリを終了したいときには、戻るボタンをタップします。

ウィジェットの設置と削除

ウィジェットとは、ホーム画面上で、ひと目で情報を得られるように小型化されたアプリで、天気や時計、Googleの検索窓を表示するものが多いです。天気や時計などよく利用するものは、ウィジェットを設置しておくと便利です。

ウィジェットを設定

アプリをインストールすることではじめて、そのアプリのウィジェット機能を利用できるようになります。

まずはホーム画面上の何もない部分をタップして長押しします。画面に表示される「ウィジェット」をタップします。使いたいウィジェットをタップしてホーム画面上へスワイプさせます。ウィジェットを移動させた後、ホームボタンをタップすれば、ホーム画面上にウィジェットを設定できたことを確認できます。

ウィジェットを削除

削除したいウィジェットをタップして長押しします。ホーム画面の「削除」まで移動させてください。するとウィジェットを削除することができます。

スペック・基本仕様の用語

OS:Android 4.4/Android 5.1/Android 6.0/Android 7.0など
・米Google社が作ったスマートフォン用の基本プログラム。バージョンアップされる度に機能が追加されていきます。Androidのバージョンに対応していないとアプリをインストールできない場合もあります。

内蔵メモリ:RAM 4GB/ROM 32GB RAM 2GB/ROM 16GBなど
・RAMは、スマホの動作に影響があるメインメモリです。RAMが大きいほど一度に実行できる作業量が増え快適度が上がります。最近のスマホは2GB以上が主流で、2GB以上あれば動作はサクサクです。
・ROMは、画像・動画・音楽・アプリなどのコンテンツを保存するためのメモリです。「本体ストレージ」や「内部メモリ」と呼ばれるものがROMです。

外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC
・SDカードを利用することで本体容量を確保できます。端末に対応した規格のSDカードが必要です。

CPUコア数:デュアルコア/クアッドコア/オクタコア
・コア数は、デュアルコア 2、クアッドコア 4、ヘキサコア 6、オクタコア 8 とコア数が多いほど処理能力が高いと考えられますが、それは複数の処理を同時に行う場合にです。Android系のCPUは4コアや8コアが主流となっています。

クロック周波数:1.5GHz/1.7GHz/2.5GHz
・数字が大きいほど性能が良いということです。CPUの優劣は様々な条件によって変わってきますので1つの目安だと思ってください。

バッテリー容量:2100mAh/3000mAh/4000mAh
・バッテリーの容量を示す「mAh」ですが、この数値が多いほど待ち受け時間が長くなります。しかし、アプリの使用状況やディスプレイの種類、通信状態など様々な要素が絡み合うので、あくまで参考程度とみておく方がいいでしょう。

画面サイズ:4.5インチ/5インチ/5.5インチ/6インチ
・Android端末は多種多様であり、ディスプレイサイズも様々あります。画面サイズのインチ数とは、画面の対角線の長さのことです。

画面解像度:1280×720/1920×1080/2560×1440
・画像の精細を表す尺度の事です。解像度が高い方がきめ細かい画像を表示できます。

液晶ディスプレイ:IPS液晶/Super IPS+液晶/IGZO液晶/ハイスピードIGZO液晶
・液晶パネルの表示性能や省電力性能は方式や技術によって、それぞれ特徴があります。

Bluetooth:Bluetooth 4.0/Bluetooth 4.2/
・近距離の機器を無線で接続できるBluetoothという技術です。イヤホンやスピーカー、リモコンをスマホと無線でつなげることができます。

LTE:LTE対応
・LTEとは、携帯電話の通信規格のことです。LTE対応スマホを利用すれば、3Gよりも高速な通信が期待できます。ステータスバーには、「4G」「LTE」と表示されます。

テザリング:テザリング対応
・テザリングとは、スマートフォンをモデム替わりにしてネットに接続することです。

無線LAN規格:802.11 b/g/n
・「Wi-Fi接続」を使ってインターネットに接続する際の無線LAN規格です。親機となる無線LANルーターにもサポートしている無線LAN規格があります。

カメラ:800万画素/1300万画素/1600万画素
・「メインカメラ/サブカメラ」と2つのカメラを内蔵。画素数が多いほど密度が高くなり、精細な画像になります。

センサー:加速度センサ/ジャイロスコープ/電子コンパス/光センサ/近接センサ
・センサーの種類は、端末やAndroidバージョンによって異なります。

認証機能:指紋認証
・Android 6.0 以上で指紋認証対応の端末で利用できます。

SIMカード:micro-SIM/nano-SIM
・端末によってSIMのサイズが異なります。

デュアルSIM
・SIMを2枚挿すことで2枚のSIMの両方で同時に待ち受けができます。

NFC:NFC対応
・NFCとは非接触で通信する技術のことです。

おサイフケータイ/FeliCa搭載
・おサイフケータイ対応の端末には、楽天Edy・nanaco・WAON・Suica・iD・QUICPayなどの電子マネーが登録できます。

その他機能
・[耐水・防水機能]、[ワンセグ・フルセグ]、[ハイレゾ]、[4K撮影対応]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする